火山を知る

2-1 火山の監視

日本には、110の活火山があります。その分布は、次の図のとおりです。火山噴火予知連絡会では、概ね過去1万年以内に噴火した火山及び現在活発な噴気活動のある火山を活火山と定義しています。
日本の活火山(110火山)のうち、常時観測火山と噴火警戒レベルを運用している火山は次のとおりです。(北方領土の11火山は表から省略。平成28年6月現在)

table01(注)

「常時」
〇:火山活動を24時間体制で監視している常時観測火山(47火山)
△:火山噴火予知連絡会検討会が常時観測火山に追加するよう求めた3火山。

「レベル」
〇:噴火警戒レベルが運用されている火山(37火山)

 bunpu1

(出典)気象庁:http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/kaisetsu/katsukazan_toha/katsukazan_toha.html#katsukazan

 bunpu2

(出典)気象庁:http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/kaisetsu/katsukazan_toha/katsukazan_toha.html#katsukazan

PAGE TOP