新潟県中越地震の被災地をあるく

妙見メモリアルパーク

住所

新潟県小千谷市浦柄地先

設置主体

中越メモリアル回廊推進協議会(事務局:(社)中越防災安全推進機構)

電話番号

0258-36-8141(中越防災安全推進機構)

アクセス

鉄道:JR小千谷駅から車で5分
バス:越後交通バス浦柄三叉路降りてすぐ
車:関越道小千谷ICから車で15分

外部リンク

http://c-marugoto.jp/
※中越メモリアル回廊のサイトから中越メモリアル回廊のご案内へと進み、妙見メモリアルパークへお進み下さい。

場所

ルート紹介

妙見メモリアルパークの紹介

地震の影響により、妙見堰上流右岸の「妙見地区」において、大規模岩盤崩落が発生し、ワゴン車が巻き込まれ、親子3名がその場に取り残されました。このうち、母と女の子の2名は犠牲になってしまったものの、男の子1名が92時間にも及ぶ救出作業の結果、救出されました。
この妙見メモリアルパークは、この悲劇を忘れず、震災の記憶と教訓を風化させないために、被災者追悼の祈りの場所として作られた施設です。

案内図

メモリアルパーク紹介


大地のくさび1(左手のポール)と祈りの道
写真提供:(社)中越防災安全推進機構

献花台と背後に見える祈りの岩
写真提供:(社)中越防災安全推進機構

大地のくさび2とそこから延びている祈りの
プレートです。左手が祈りの広場です。
写真提供:(社)中越防災安全推進機構
 

 

震災7周年当日献花式が行われました。


献花式会場

メモリアルパークから望む信濃川

新潟県中越地震で亡くなられた方々に
黙とうをささげる招待客

開催のあいさつをする中越メモリアル回廊
推進協議会 平井邦彦会長

泉田裕彦新潟県知事の祝辞

国土交通省北陸地方整備局長
前川秀和氏の祝辞

次々と献花をささげる招待客

捧げられた献花

 

PAGE TOP