懸賞コーナー

クイズに答えてプレゼントを応募しましょう!

今月は、プレゼントは『全国共通図書カード500円分』をお送りします。 下のクイズにお答えいただいた正解者の中から 抽選で10名様にプレゼントを差し上げます。 締め切りは、平成30年9月25日です!!

9月の問題

 今日9月1日は『防災の日』です。みなさんは『防災の日』を知っていますか。
防災の日は、関東大震災にちなんで、1960年(昭和35年)に制定されました。
この時期、広く災害に対する認識を深め、備えを充実強化することを目的に、毎年さまざまなイベントが各地で催されます。
簡単な防災啓発として、この機会にごらんになってはいかがでしょうか。
今月の問題は、関東大震災にまつわる話についてです。
わが国最初の火災通報する仕組みが、大正6年に火災専用電話として設置されました。この仕組みは、最初は電話局の交換手が「火事」と告げると、最優先に火点近くの消防機関に接続されるものでした。この仕組みは、関東大震災の復興にあたり、新しい自動交換方式を取り入れ、大正15年からダイヤル式即時通話となりました。これが119番通報の始まりです。
さて、ここで問題です。119番になる前、一番最初に用いられたダイヤル番号は何番でしょう。下の(1)~(3)から選んでください。

 

119番広告(マッチのラベル)

 

ヒントは、消防の歴史>自治体消防以前にあります。

 

PAGE TOP