気仙沼市 気仙沼港前の「港町ブルース」歌碑  

震災1か月後(2011.4)

気仙沼市

被害に遭った建物がまだ多く残されている。その中で「港町ブルース」歌碑が哀愁を漂わせて佇んでいる。

震災1年半経過(2012.10)

気仙沼市

港前の観光物産センター「エースポート」が解体工事が行われており、立ち入りが制限されていた。港は一部復旧されており、エースポート前の乗り場で、船が運行されていた。周辺は解体されていない建物が多く残されていた。

震災2年半経過(2013.9)

気仙沼市

解体工事もほぼ完了しており、整地された跡地は駐車場などに変わっていた。

震災3年半経過(2014.10)

気仙沼市

門付近のこの場所は、すでに漁業関係の建物が完成しており、復興が進んでいた。 ただし、防潮堤やの建設が行われておらず、被災した区画もまだ整備されていなかった。

震災4年半経過(2015.9)

気仙沼市

港の桟橋では、フェリーが行き来していたが、周辺では重機が入るなどして復興途上であることがうかがわれた。

戻る

気仙沼市

【気仙沼市周辺の写真】気仙沼港船着場(2012)

気仙沼市

解体中の第18共徳丸(2013)

気仙沼市

駐車場として利用されている 観光物産センター「エースポート」跡地(2013)

気仙沼市

気仙沼復興商店街(2014.10)

気仙沼市

気仙沼港から見た市街地(2014.10)

気仙沼市

旧ホームと線路を撤去した後に整備されたJR大船渡線BRT鹿折唐桑駅(気仙沼市鹿折地区・2015.9)

気仙沼市

気仙沼港桟橋周辺で行われていた復興工事(気仙沼市気仙沼地区・2015.9)

気仙沼市

JR松岩駅近くの古谷八幡神社に建立された東日本大震災慰霊碑(気仙沼市松岩地区・2015.9)

気仙沼市

長野県の彫刻家大場氏から地福寺に寄贈された「羅漢かかし」。JR陸前階上駅近くの地福寺を背に100mほど歩いた先の丘に建てられている。(気仙沼市階地区・2015.9)

気仙沼市

小泉小学校正面入り口右手に建てられた津波記憶石「津波の教え」碑。後世の人に津波の恐ろしさと津波が来た時の教えを記したものである。(気仙沼市本吉地区・2015.9)

進む


PAGE TOP