風水害

気象に関する用語

積乱雲(せきらんうん)


空気が上昇気流によって上空に押し上げられて雲となります。雲が成長を続 けると、積乱雲となり雨を伴うよう になります。積乱雲がさらに発達を続けると、狭い範囲に短時間で強い雨を降らせるほか、竜巻などの激しい突風、雷、ひょうなど、狭い範囲に激しい気象現象をもたらすことがあります。
一つの積乱雲が発生してから、雨を降らせ消滅するまでの寿命は、数十分程度です。一つ一つの積乱雲は、高さは十数km、水平方向の広がりは数km~十数kmの大きさです。

sekiranun
【出典】:気象庁ホームページ http://www.jma.go.jp/jma/index.html


局地的大雨(きょくちてきおおあめ)


単独の積乱雲が発達することによって起きるもので、一時的に雨が強まり、局地的に数十ミリ程度の総雨量とな ります。
極めて局地的に雨を降らせ、かつ雨雲の発生から降雨までの時間が短いため、「ゲリラ的 に大雨が降る」という意味で一般に「ゲリラ豪雨」と呼ばれることがありますが、現在の予測技術では降雨の場所や時刻、雨量 を事前に正確に予測することは困難です。
集中豪雨ほど降水の総量は多くありませんが、一気に押し寄せる大量の雨水を処理できないおそれがある中小河川や下水道の急な増水や、アンダーパス(鉄道や道路の立体交差)等の低地の浸水に特に注意が必要です。


集中豪雨(しゅうちゅうごうう)


積乱雲が同じ場所で次々と発生・発達を繰り返すことにより起きるもので、激しい雨が数時間にわたって降り続き、狭い地域に数百ミリの総雨量となります。
短時間にまとまって降る強い雨は、局地的大雨でも集中豪雨でも発生します。局地的豪雨 ではそれが一過性であり、集中豪雨はそれを繰り返すという違いがあります。結果的に集中豪雨は、局地的大雨に比べ、大雨の継続時間が長く総雨量は多くなります。
集中豪雨が起きると、河川が急に増水し、はん濫することがあります。また土砂崩れやがけ崩れが発生することもあります。さらに、家屋浸水、道路冠水、地下街や地下室へ水が流れ込んだりすることもあります。


竜巻、ダウンバースト、ガストフロント(たつまき、だうんばーすと、がすとふろんと)


発達した積乱雲からは、竜巻、ダウンバースト、ガストフロントといった、激しい突風をもたらす現象が発生します。
竜巻は、積乱雲に伴う強い上昇気流により発生する激しい渦巻きで、多くの場合、漏斗状または柱状の雲を伴います。直径は数十~数百メートル で、数キロメートルに渡って移動し、被害地域は帯状になる特徴があります。
ダウンバーストは、積乱雲から吹き降ろす下降気流が地表に衝突して水平に吹き出す激しい空気の流れです。吹き出しの広がりは数百メートルか ら十キロメートル程度で、被害地域は円形あるいは楕円形など面的に広がる特徴があります。
ガストフロントは、積乱雲の下で形成された冷たい(重い)空気の塊が、その重みにより温かい(軽い)空気の側に流れ出すことによって発生します。水平の広がりは竜 巻やダウンバーストより大きく、数十キロメートル以上に達することもあります。

 tornado1-1
【出典】:気象庁ホームページ http://www.jma.go.jp/jma/index.html


藤田(F)スケール(ふじた(えふ)すけーる)


竜巻などの激しい突風をもたらす現象は水平規模が小さく、既存の風速計から風速の実測値を得ることは困難です。このため、1971年にシカゴ大学の藤田哲也博士により、竜巻やダウ ンバーストなどの突風により発生した被害の状況から風速を大まかに推定する藤田スケール(Fスケール)が考案されました。 被害が大きいほどFの値が大きく、風速が大きかったことを示します。日本ではこれまでF4以上の竜巻は観測されていません。

Fschale
【出典】:気象庁ホームページ http://www.jma.go.jp/jma/index.html


PAGE TOP