津波

現象に関する用語

津波(つなみ)


海のどこかで発生した振動が津(突端、船着場、港などを意味する)に押し寄せて、異常に大きな波として観測されものをいいます。一般的に、海底で発生する地震により、その周辺の海水が上下に変動することによって引き起こされます。その他の原因として、海底地滑りや、海底火山の爆発、海岸付近の火山による土砂の大規模崩落などもあります。
津波は、次に示す特徴があります。

①波の長さ
海域で吹いている風によって生じる波浪は、数メートル~数百メートル程度であるのに対して、津波の波は数キロから数百キロメートルと非常に長いため、海底から海面までのすべての海水が巨大な水の塊となって沿岸に押し寄せ、津波に襲われた海岸付近は大きく被害を被ることになります。また、押し寄せた水はすべて引き上げていくため、破壊した家屋などの漂流物を一気に海中に引き込みます。

②波の高さ 
風などの波では、たとえ2mの波でも10mの波でも平均的な海水面の高さはまったく変わりません。10mの津波の場合も、長い時間で平均すれば海水面の高さは変わりませんが、数十分程度の時間で考えれば、海水面が10m上昇したのと同じことになります。このような津波が堤防を越えた場合、海がふくれてきたという感じになります。

③波の伝播速度
太平洋の中を津波が伝播する場合、その速度は時速800kmにも達し、ジェット旅客機の航行速度にも匹敵すると言われています。

④押し寄せの回数
多くの場合は、津波が1度だけで終わらず複数回押し寄せるという特徴もあります。また2回目、3回目以降の波がそれまでより大きいことも多くあるため、津波警報(注意報)が解除されるまで油断は禁物です。

tsunami
harou


津波の高さ・浸水高・痕跡高・遡上高(つなみのたかさ・しんすいだか・こんせきだか・そじょうこう)


津波の高さとは、津波がない場合の潮位(平常潮位)から、津波によって海面が上昇した最高点までの高さをいいます。

浸水高は、浸水深とも呼ばれます。地表面から、津波の発生後、建物や斜面上に残された変色部や漂着物までの高さをいいます。

痕跡高とは、津波がない場合の潮位(平常潮位)から、津波の発生後、建物や斜面上に残された変色部や漂着物までの高さをいいます。

遡上高とは、津波がない場合の潮位(平常潮位)から、津波が海岸に到達後陸地をはい上がり、最も高くなったところまでの高さをいいます。


namitaka
【イラストの出所】:気象庁ホームページ http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/faq/faq26.html


PAGE TOP