共通

災害対策に関する用語

災害拠点病院(さいがいきょてんびょういん)


災害時の医療救護活動において、中心的な役割を担う病院をいいます。災害拠点病院に必要な機能は 次のとおりです。

・24時間いつでも災害に対する緊急対応ができ、被災地域内の傷病者の受け入れ・搬出が可能な体制 を持つこと。
・重症傷病者の受け入れ、搬送にヘリコプターなどを使用できること。
・消防機関と連携した医療救護班の派遣体制があること。
・ヘリコプターに同乗する医師を派遣できることに加え、これらをサポートする十分な医療設備や医 療体制、情報収集システム、ヘリポート、緊急車両、自己完結型で医療チームを派遣できる資器材を備えていること 。


医療救護所(いりょうきゅうごしょ)


大地震等の災害が発生した場合に、多数の傷病者が発生したとき、または医療機関が一時的に混乱し、その機能が停止したとき、被災者の迅速な救護を行うために、市町村などが、学校、集会所等の避難所、病院、市町村保健センター等の場所に開設するものをいいます。
医療救護所が開設された場合、医師会等から派遣される医師等が治療にあたります。
医療救護所は、医療機関と違い、医薬品や衛生材料が充分でないため、主に次の活動を行います。
・トリアージ
・患者への応急手当
・被災地外の病院等への搬送の手配
・遺体搬送の手配
・医療救護活動の記録作成
・その他必要な事項


防災・減災(ぼうさい・げんさい)


防災とは、災害を未然に防ぐための各種施策、取り組みをいい、防波堤の整備や、建物の耐震補強 などが挙げられます。
一方、被害の発生を完全に防ぐことが出来ないため、いざ災害が発生した場合には、発生し得る被害を最小限に食い止めるための施策や取り組みを減災といいます。対応活動マニュアルの作成や、救出・救助・避難訓練などが挙げられます。


リスクコミュニケーション(りすくこみゅにけーしょん)


リスクについて、行政や地域住民などの間で情報を共有し、その問題についての理解を深めたり,お互いによりよい決定ができるように合意を目指したりするコミュニケーションのことをいいます。
リスクコミュニケーションの方法には、行政と住民との対話や、印刷物の配布・周知、イベントの開催などが挙げられます。
自然災害による被害をゼロにすることはできませんが、人的・物的被害をできるだけ少なくするために、リスクコミュニケーションという手法が効果的だと言われています。


PAGE TOP