共通

被害想定・前兆に関する用語

ハザードマップ(はざーどまっぷ)


水害、火山など特定の災害による被害の発生地点、被害範囲及び被害程度、さらに避難経路、避難場 所などの情報を地図上に示したもので、防災地図、災害予測地図、災害マップとも呼ばれています。
ハザードマップを利用することにより、災害発生時に住民などは迅速かつ的確に避難を行うことができ、また二次 災害発生予想箇所を避けることができるため、災害による被害の低減にあたり非常に有効とされています。
2000年の有珠山噴火は大きな被害を与えましたが、事前に作成されていたハザードマップに基づき、近隣の1万人 近い住民がすみやかに避難したため、一人の犠牲者も出さずにすみました。


被害想定(ひがいそうてい)


ある地域にふさわしい効果的な防災対策を立てるため、その地域において、将来どのような災害が発 生する可能性があるのか、またその災害によって、どの程度の被害がもたらされるのかを予測することをいいます。
災害が発生した時に起きる災害現象や社会的状況を、時間軸に沿って行う「シナリオ型被害想定」もあれば、災害 の発生に伴う物的被害や人的被害を数量的に算出する「定量的被害想定」もあります。


前兆現象(ぜんちょうげんしょう)


地震や火山噴火などの自然災害の前触れとなる現象をいいます。「先行現象」や「前駆現象」とも呼 ばれます。地震ごとに前兆現象の現れ方は違いますが、前震や、異常電磁波の放射、地下水の湧出量、水位、水温の異常変化 、動物の異常行動、発光現象などが挙げられます。
火山の場合は、噴火の前に、火山性地震の頻度が急増し、火口付近の隆起、噴気の増加や、その温度と組成の変化 などが挙げられます。
一方、前兆と似た現象があっても、その後何も起こらないことが多く、事前に前兆と判 定するのは容易ではありません。


PAGE TOP