地震

地震動等に関する用語

海溝型地震・直下型地震(かいこうがたじしん・ちょっかがたじしん)


 地震は、その発生メカニズムと発生場所によって、明確ではありませんが、大まかに海溝 型地震と直下型地震の2つに分けられます。
 海溝型地震は、一般的に陸側のプレートと海側のプレートの境界である 海溝等の付近で発生する地震をいいま す。海溝型地震は、数十年~数百年の間隔で発生しており、1923年に起きた大正関東地震(関 東大震災)、そして2011年に起き た東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)も、典型的な海溝型地震とされています。
 直下型地震は、一般的に、陸部直下の活断層によって発生する地震をい います。海溝型地震と比べて規模(マグニ チュード)が小さく、また被害範囲も局地的ですが、震源が浅く(15km~20km)、また都市部など人の住む土地の真下で発生するため、甚大な被害を引き起こす場合も少なくありません。多くの犠牲者を出した1995年の 兵庫県南部地震は直下型地震の一例となります。


マグニチュード・モーメントマグニチュード


 マグニチュードは、地震が発するエネルギーの大きさを表した指標で、 Мという記号で表記されます。Мの値が1増 えるとエネルギーはおよそ32倍に、Мの値が2増えるとエネルギーはおおよそ1000倍になりま す。Мの値は地震計で観測される波の振幅から計算され、地震発生から3分程で計算可能という点から速報性に優れています。一 方、マグニチュードが8を超える巨大地震 の場合は正確な数値を推定できない欠点があります。
 モーメントマグニチュードは、地震の破壊エネルギーの大きさを表した 指標で、Мwという記号で表記されます。岩盤のずれの規模(ずれ動いた部分の面積×ずれた量×岩石の硬さ)をもとに計算され、大きな 地震に対しても有効です。一方、その値を求めるには高性能の地震計のデータを使った複雑な計算が必要なため、地震発生直後迅速に計算することや、規模の小さい地震で精度よく計算するのは困難です。


体感震度・計測震度(たいかんしんど・けいそくしんど)


 震度は、ある場所における地震動の強さを表す指標です。同じ地震の発生を受けて、場所の特性(例えば、震源からの距離、地盤の良否、建物の種類、居合わせた建物の階数など)によって、それぞれの場所における震度が大きく異なります。
 以前は体感及び周囲の状況から、震度0(無感)・1(微震)・2(軽震)・3(弱震)・4(中震)・5( 強震)・6(烈震)・7 (激震)の8階級に分けて推測された震度を、体感震度といいます。
 1996年4月以後は、器械により観測され、計測震度と呼ばれています。 気象庁が発表する計測震度は、気象庁、地方公共団体及び(独)防災科学技術研究所が全国各地に設置した震度観測点で観測した震度 で、震度5と6をおのおの弱と強に分けて、「震度0」「震度1」「震度2」「震度3」「震度4」 「震度5弱」「震度5強」「震度6弱」「震度6強」「震度7」の10階級となっています。


長周期地震動・短周期地震動(ちょうしゅうきじしんどう・たんしゅうきじしんどう)


 地震動(地震によって発生する揺れのこと)は、単に強い、弱いと言った単純なものではありません。素速い揺れ(短周期)、ゆったりした揺れ(長周期)が複雑に混ざっています。素速い揺れが卓越する場合、ゆったりした揺れが卓越する場合があります。周期別に、地震動は6つに分けられます。
・極短周期  : 0.5秒以下
・短周期   : 0.5~1秒
・やや短周期 : 1~2秒
・やや長周期 : 2~5秒
・長周期   : 5秒以上
 震度が同じでも地震動の周期特性によって人の感じ方や建物被害が大きく違ってきます。例えば、地震が発生した場合、震度6弱を記録した二ヶ所で、極短周期地震動が発生したところでは、人は強い地震と感じますが、建物は無被害であることに対して、やや短周期地震動が発生したところでは、人は強い地震とはあまり感じませんが、多くの建物が倒壊してしまうことが挙げられます。このことは気象庁震度階級関連解説表にもはっきり明記してあります。
 昨今の震度6弱,6強で被害が小さい場合が非常に多いのは、発生したのが極短周期地震動だったというだけで、建物の耐震性が充分というわけではなく、決して安心してはいけないということに留意する必要があります。


PAGE TOP