地震

地震災害に関する情報

地震火災(じしんかさい)


 地震によって発生する火災のことをいいます。例えば、震動による火気器具等の異常な燃焼、薬品混触による発熱・発火、長時間の停電を予想して家人全員が避難中に復電し、スイッチが入ったままの電気器具が加熱して出火する等が挙げられます。
一般的な火災と比べて、次の特徴があります。
同時多発
 密集市街地では同時多発的に出火し、延焼する恐れが大きく、通常の火災よりも被害が大 きくなる傾向があります。
避難が困難
 地震で倒壊した家屋や家具の下敷きになった場合や、落下物等により怪我をした場合などにおいて、身動きが取りにくく、一般的な火 災時より避難行動が極めて困難となります。
消防力が不足
 火災が同時多発すると、消防車・救急車など消防力が極めて不足な状況になります。また地震による道路の陥没、交通渋滞、断水及び 防火水槽の漏水等なども起こり、消火活動に必要な消防力がさらに足りなくなります。その ため、地震発生時の火災は、被災者の命を奪う大きな原因となっています。


震災関連死(しんさいかんれんし)


 大規模震災において、家屋の倒壊や火災、津波などによる直接的な死亡ではなく、避難所などの環境変化に起因する持病の悪化や過労、自殺などによる死亡のことをいいます。震災関連死と認定される場合、遺族には災害弔慰金が支給されま す。
 1995年の阪神淡路大震災では、6400人以上の方が亡くなりました。そのうち、「震災関連 死」による死者は兵庫県だけで900人超と、全体の一割以上にのぼるとされています。


PAGE TOP