しょうぼうのしごと

防火衣

防火衣(ぼうかい)

防火衣(ぼうかい)は、火災(かさい)発生(はっせい)したときに着用(ちゃくよう)する資機材(しきざい)です。火災(かさい)現場(げんば)では、消防(しょうぼう)隊員(たいいん)さんはとても危険(きけん)場所(ばしょ)活動(かつどう)するため、(けむり)(ほのお)熱気(ねっき)などから(からだ)(まも)(よう)工夫(くふう)された服装(ふくそう)必要(ひつよう)です。

防火衣(ぼうかい)着用(ちゃくよう)した救助隊(きゅうじょたい)様子(ようす)です。
背中(せなか)背負(しょ)っているのは空気(くうき)ボンベ、(そで)(すそ)反射(はんしゃ)(ざい)(けむり)(なか)(くら)場所(ばしょ)などでもよく目立(めだ)つためです。

防火衣(ぼうかい)上着(うわぎ)とズボンに(わか)れていて、(ねつ)(つよ)く、()れたり(やぶ)れにくい素材(そざい)でできています。防火衣(ぼうかい)()るときには、ほかに安全(あんぜん)長靴(ながぐつ)、ヘルメット、手袋(てぶくろ)安全(あんぜん)ベルトなども一緒(いっしょ)着用(ちゃくよう)します。

防火衣(ぼうかい)(あわ)せて使(つか)うヘルメットと空気(くうき)呼吸器(こきゅうき)です。防火衣(ぼうかい)全体(ぜんたい)で20kg(ちか)くにもなるため、空気(くうき)ボンベは金属(きんぞく)でない(かる)素材(そざい)でできています。

防火衣(ぼうかい)着用(ちゃくよう)しているところです。(たか)(えり)と、ヘルメットについた『シコロ』で隊員(たいいん)(くび)(かお)(まも)ります。

防火衣(ぼうかい)着用(ちゃくよう)した救助(きゅうじょ)訓練(くんれん)様子(ようす)、これから屋内(おくない)(はい)ろうとしています。空気(くうき)呼吸器(こきゅうき)()いたマスクを装着(そうちゃく)すれば、(けむり)()(のど)(いた)めることもありません。

無事(ぶじ)救助(きゅうじょ)できました。(こし)のひもは(たが)いをつなぐ命綱(いのちづな)です。防火衣(ぼうかい)は、(けむり)(ほのお)熱気(ねっき)から隊員(たいいん)(まも)りますが万能(ばんのう)ではありません。(ただ)しい使(つか)(かた)をすることで威力(いりょく)発揮(はっき)します。

PAGE TOP