しょうぼうのしごと

特殊災害対策隊

特殊災害対策隊(とくしゅさいがいたいさくたい) (通称(つうしょう):HAZMAT)

NBC(放射性(ほうしゃせい)物質(ぶっしつ)生物(せいぶつ)化学(かがく)災害(さいがい)出動(しゅつどう)する部隊(ぶたい)です。特殊(とくしゅ)防護服(ぼうごふく)計測(けいそく)機器(きき)使(つか)活動(かつどう)します。

NBC災害(さいがい)対応(たいおう)する部隊(ぶたい)大都市(だいとし)消防(しょうぼう)機関(きかん)整備(せいび)され、特殊災害対策隊(とくしゅさいがいたいさくたい)(通称(つうしょう):HAZMAT)といわれています。写真(しゃしん)東京(とうきょう)消防庁(しょうぼうちょう)化学(かがく)機動(きどう)中隊(ちゅうたい)のエンブレムです。

(よう)(あつ)(しき)化学(かがく)防護服(ぼうごふく)(そと)からの空気(くうき)完全(かんぜん)遮断(しゃだん)することで隊員(たいいん)安全(あんぜん)(まも)防護服(ぼうごふく)です。

空気(くうき)呼吸器(こきゅうき)防護服(ぼうごふく)(なか)(はい)っています。防護服(ぼうごふく)化学(かがく)薬剤(やくざい)付着(ふちゃく)しても()けづらい素材(そざい)でできています。

(よう)圧式(あつしき)化学(かがく)防護服(ぼうごふく)()ることで隊員(たいいん)災害(さいがい)現場(げんば)様々(さまざま)活動(かつどう)をすることができます。

(どく)(げき)防護服(ぼうごふく)(よう)圧式(あつしき)防護服(ぼうごふく)よりも(うご)きやすくできており、(せま)場所(ばしょ)などで活動(かつどう)することもできます。

空気(くうき)呼吸器(こきゅうき)防護服(ぼうごふく)外側(そとがわ)にありますが、隊員(たいいん)防護(ぼうご)(ふく)(まも)られています。

(くつ)部分(ぶぶん)一体(いったい)になっていて、ここから危険(きけん)物質(ぶっしつ)やガスなどが(はい)ることもありません。

これは使(つか)()ての防護服(ぼうごふく)です。

活動(かつどう)状況(じょうきょう)(おう)じて、(よう)圧式(あつしき)(どく)(げき)使(つか)()ての防護服(ぼうごふく)使(つか)()けることにより、安全(あんぜん)効率(こうりつ)よく活動(かつどう)することができます。

HAZMATはこうした防護服(ぼうごふく)使(つか)い、化学(かがく)薬剤(やくざい)放射性(ほうしゃせい)物質(ぶっしつ)などに(たか)知識(ちしき)()隊員(たいいん)活動(かつどう)することで、安全(あんぜん)(まも)っています。

PAGE TOP