8.土佐震災絵図 (1)

1854年12月24日に発生した安政南海地震の様子を描いた冊子「土佐震災図絵」が、高知県佐川町に保管されています。A4版大の和紙40頁程に、当時の被災の様子が書かれています。

この冊子は、表紙に「林洞意」と書かれています。この林洞意は、狩野派に学び土佐藩のお抱え絵師として活躍し、後に町絵師となった「絵金」の別名であることから、作者は絵金であると考えられています。

安政南海地震は、四国沖から紀伊半島沖にかけての南海トラフ沿い地域を震源域として発生した地震で、この地震の32 時間前には安政東海地震(M8.4 )も発生しています。
具体的な被害状況はよく分かっていませんが、被害区域は中部から九州に及び、土佐では15m以上もの津波が押し寄せました。

資料出展:高知県佐川町教育委員会蔵

(1) (2) (3) (4) (5) (6)

tre8_06

tre8_07

tre8_08

tre8_09

tre8_10

tre8_11

tre8_12

PAGE TOP